放射線区域にたばこ吸殻

ちょっと僕には信じられません。
放射線区域内で11件の火災というだけでも尋常じゃない事態なのに、実は喫煙していたらしい。
煙草はもちろん、ガムなども持ち込み禁止なのに・・・
ルールもへったくれもない無法地帯なのか?

放射線管理区域にたばこ吸い殻
柏崎刈羽原発、9―10月に6件

中越沖地震後に11件の火災が発生した東京電力柏崎刈羽原発の放射線管理区域内で9~10月、比較的新しいたばこの吸い殻などが計6件見つかっていたことが11日までに分かった。
 東電によると、新しい吸い殻は5号機タービン建屋で2件、3号機サービス建屋と同タービン建屋、2号機タービン建屋でそれぞれ1件ずつ発見。いずれも同区域内で喫煙した可能性がある。5号機原子炉建屋付属棟では吸っていないたばこが見つかった。いずれも誰が持ち込んだか特定できていない。
 管理区域での喫煙は、放射性物質の体内への取り込みにつながるため法律で禁止されている。同区域内に入る際は、たばこなどの持ち込みがないか口頭で確認しているが、吸い殻はこれまでも度々見つかっている。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/7016.html

↓↓ クリックよろしく!!!
人気ブログランキングへ一票

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

放射線区域にたばこ吸殻 への2件のコメント

  1. パク より:

    えーっ!愕然!

    信じられないですね。

  2. hokuto より:

    食品の工場だったら、そく製造ストップさせられますよ。
    核施設の方がゆるいのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です