放射性廃棄物がイギリスから帰ってくる

               ■■あなたのクリックでブログを続ける元気が出ます■■          
                        人気ブログランキングへ一票人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんで、イギリスやフランスから放射性廃棄物が帰ってくるのか?

それは、今まで日本の原発で出た使用済み核燃料をイギリスやフランスの再処理工場で処理していたから。

その際に生じた放射性廃棄物はもちろん日本に戻ってくるのだ。

そして、今回問題になっているのは低レベル放射性廃棄物(セメント固化体約1500立方メートル、雑固体廃棄物約7700立方メートル)を、同等の放射線影響量の高レベル廃棄物(ガラス固化体約20立方メートル)に置き換えて運びこもうということ。

そりゃ、輸送コストだって減るだろうけど、まだ高レベル放射性廃棄物の処分場の候補地すら決まってない状態だよ。

また、先の人達に問題をおしつけるつもりかね。

まずは、何でも見切り発車をしている事を問題にすべきです。
メリット最優先で物事を考えるのはやめましょう。

核燃の放射性廃棄物の話はマスコミももっと取り上げて、真剣に政治の場でも話し合うべきです。

東奥日報
英国分廃棄物に「単一返還」導入/電事連、六ケ所村議に説明
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100525103656.asp

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です