「いのちの輪をつなぎなおすために―上関・高尾、生物多様性―」

関東の友達、家族におすすめします。ぜひ行ってください。

わがともreimamaの日記を転載します。
http://ameblo.jp/reimama-param/entry-10527603998.html

■■■■■■■■■■■■■■■■

「いのちの輪をつなぎなおすために―上関・高尾、生物多様性―」

すべてのいのちはつながっている
そして、人もまた

原発建設にゆれる瀬戸内の海、上関
都心の膨張を食い止めてきた、高尾山
二つの、いのちの輪
それぞれの場所で、関わりつづけてきた二人の女性のお話しです

☆日時2010.5.10(月)

☆会場 ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
[トークゲスト]
高島美登里(長島の自然を守る会)
坂田昌子(虔十の会)

[スケジュール]
19:00 開場
19:30 スライド上映開始
20:00 トーク開始
22:30 終了

●上関・高尾の写真スライド上映(19:30~20:00)

●トーク(20:00~21:00)
「上関の生物多様性、今とこれから」
高島美登里(長島の自然を守る会)
聞き役:冨田貴史

●トークセッション(21:00~22:30)
「今のわたしに出来ること~COP10・生物多様性じぶん条約~」
高島美登里(長島の自然を守る会)
坂田昌子(虔十の会)
進行:冨田貴史

会場
ふろむあーすカフェ・オハナ(三軒茶屋)
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-6(駅徒歩2分, 246通り沿い1F)
http://www.cafe-ohana.com/  

【料金】
1000円+1オーダー
定員30名(なるべくご予約をお願いします、下記カフェ・オハナまで)

【お問合せ】
ふろむあーすカフェ・オハナ
Tel/Fax (03) 5433-8787
http://www.cafe-ohana.com/  

※お問い合せ・予約は、以下のフォームよりお願いします。
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php

-上関町長島(かみのせきちょうながしま)
 山口県の南東に位置する瀬戸内の玄関に、今、原発が着工されようとしています。六十万筆をも超える反対の署名が集まっているにもかかわらず、その声は届かず、瀬戸内海に残された最後の自然海岸ともいえるこの地が、今まさに埋め立てられようとしているのです。
 長島(とりわけ、埋め立て予定地の田ノ浦湾)は、豊富な湧き水と黒潮のぶつかる複雑な海洋環境が、希少な生態系を築き上げてきました。長島の自然を守る会の高島さんは、生物調査を通じて、埋め立てと原発建設に反対し、自然保護活動を続けておられます。

-高尾山(たかおさん)
 都心に緑の風を送り続け、人々の信仰の対象となってきたこの山を切り崩し、トンネルを掘り、巨大なインターチェンジを作る計画が進行しています。
 都心からわずか1時間の距離にありながら、豊かな水源を抱き、日本でも有数の生物多様性を誇るこの山。虔十の会(けんじゅうのかい)の坂田さんは、高尾山を「楽しみながら守る」活動を続けてこられました。

―現地が置かれている状況から、見えてくる問題の共通点を知り、連携してできることのアイデア交換を深められたらと思います。
いのちをつなぎ直す時代に変わっていくためには何が必要なのか、何ができるのかを、深く楽しく語り合う時間にできればと思っています。
ぜひお集まりください。

Talk Guest Profile——–

高島美登里
Takashima Midori
山口県防府市在住。「長島の自然を守る会」代表。山口県熊毛郡上関町長島の生物多様性を守るための活動を続ける。瀬戸内では他に類例のない、豊穣な「究極の楽園」とも言うべき生態系の残存する長島。現在、この場所に生きるすべての生きものたちの声を代弁するべく「自然の権利訴訟」に取り組んでいる。

坂田昌子
Sakata Masako
虔十の会(けんじゅうのかい)代表。高速道路のためのトンネル工事をめぐってゆれる、高尾山の自然保護にとりくむ。いわゆる「反対運動」の枠組みをこえ、ツリーハウスや高尾山天狗フェスティバル、天狗トレイル大会など、音楽やスポーツを取り込んだ新しいアプローチを次々企画・実践し、注目を集めている。

↓↓ 真実を広げたい。クリックお願いします。
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 終了したおすすめイベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です