英仏から返還される放射性廃棄物は六ヶ所村へいくことになるのか

英仏から返還される放射性廃棄物に関して、六ヶ所村の議会が勉強会を開いた。

明確な反対者はいないらしい。

村議会は今後も勉強会を開き、国や県、電気事業連合会、日本原燃からも説明者を招く予定。

推進の話だけ聞いてどうするの?

こんな発言もあるみたいだね。

『議論は最終的に(廃棄物を受け入れる場合に)村にどんなメリットがあるかに行き着くと思う』

推進の人とメリットの話をするのは、勉強会とは言わないと思います。

東奥日報http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100423094719.asp

■■応援クリックお願いします■■
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 再処理工場   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です