れんが回収できず、また1ヶ月近くのびるようです。

再処理工場の作業工程が更に1ヶ月ほどのびるようだ。

トラブル続きで、何がどのくらい延びたのか、もう分けがわからない。

しかし、確実に10月に試運転が終わらないことはたしかである。

それでも原燃は10月の完工予定に変更はないという。

これではまた、現場にプレッシャーを与え、トラブルが起こる可能性があるのでは。

高レベル放射性廃液を漏らしたときに、その重圧も原因の一つと認めたのに、繰り返すきですか?

昨日、青森県に質問のメールをしました。
10月に終わるという試験運転はどのような日程を考えているのか。

返答がありしだい、ご報告します。

東奥日報
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2010/20100422090234.asp

↓↓ クリックよろしく!!!
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 再処理工場   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です