女川原発事故時の為のヨウ素剤の保管場所と量

前回のヨウ素剤についての質問と回答が好評でした。
と同時に疑問をたくさん持った方もいたようです。
ヨウ素剤の保管場所などについて再度質問しました。

前回の質問はこちら
http://chikyutomo.greenwebs.net/?p=525

必要になった時に調べたんじゃ遅いですからね。

【質問】NPO地球とともに
女川原発事故時には避難所でのヨウ素剤配布との回答を頂きました。
そこで再度質問させて頂きます。

石巻市ではヨウ素剤をどの位、何処で保管しているのでしょうか?
また、使用期限などの管理はどのように行っているのでしょうか?

*去年だったと思いますが、青森でヨウ素剤の期限切れが多数見つかったとの報道があったと思います。石巻は大丈夫か心配になりました。

【回答】石巻市総務部防災対策課長

○石巻市内に保管している安定ヨウ素剤

石巻市立牡鹿病院  丸薬(丸)33,000 内服液(ml)2,000
石巻市寄磯診療所  丸薬(丸)4,000 内服液(ml)2,000
石巻保健福祉事務所  丸薬(丸)29,000 内服液(ml)6,000

○安定ヨウ素剤は、定期的(3年毎)に更新し、医療機関に保管されております。

■■応援クリックお願いします■■
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 原発事故時の対策   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です