活断層の上にある原発を動かそうとする高木復興相

「原発の下に活断層はないから安全」と電力会社も国も言い続けた。
しかし原発事故がおきた。

ふつうならば、そこから基準は更に厳しくなるはずだが、
原子力を推進する人たちは
票に目がくらみ、お金に目がくらみ、
基準を緩くしようとしている。

原発事故はまたおきるだろう。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
写真:東京新聞 2015年12月9日 6面

6

●高木毅復興相の選挙区内には敦賀原発2号機がある。
●原子力規制委員会は今年3月に敦賀原発2号機の直下に活断層があると評価。

そして12月8日、高木毅復興相は
「活断層の真上にあることを理由に廃炉せず、
安全確保策を審査するべきだ」との考えを示した。



 

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です