東通原発敷地内に複数の活断層

原子力規制委員会は審査会合で敷地内に活断層があると認めたうえで、将来動くことを前提に議論する方針を示した。東北電は活断層の存在を否定し再稼働を目指している。
写真:東京新聞2015年11月28日
4

東日本大震災で福島原発事故で電力会社は何を学んだのか。敷地内に活断層があるだけでも原発を動かすのは危険すぎる。こんな当たり前の事がわからないのか、いや、分かっているが基準がお金になっているのだろう。とても悲しい。



 

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です