「原発の電気がほしい自治体」には

原発の電気が欲しい自治体(県でなく、市町村単位)は、使用量に応じた高レベル放射性廃棄物の処分場を作るという仕組みにしてはどうだろうか。

「原発の電気はほしい、でも自分が住む町に放射能のゴミはいらない」。それでは筋が通らない事を理解するのにはいいと思うのだが。

金に物を言わせて推進派が押し込んでくるかもしれない。
もちろんそうなるだろう。

でも、自分の街単位での問題であれば、
みんな必死に考えて結論出すはず。

人口の少ないところがまた狙われる。
だけど、使用量に応じた処分場だから、
原発の莫大なエネルギーなど必要なくなる。

となれば、首都圏の無関心な人達が
やっと目を向け始める。

核燃サイクルが未来に残すのは電気ではなく、
放射能のゴミと処分場を決める争い。
その現実から目をそむけていたことにやっと気づく。



 

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です