大飯原発は北摂にも影響大!!! 「大飯原発運転差止仮処分裁判」争点のお話し&座談会@茨木

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

大飯原発は茨木市にも影響を及ぼします。
怖い事実ですが、原発安全神話はもういりません。
子ども達のためにも、知っておきませんか?

「大飯原発運転差止仮処分裁判」 
争点のお話し&座談会

*ゲスト「美浜の会代表」「おおい裁判の会代表」小山英之さん

福島原発事故でさえ規定通りに制御棒は挿入され、
核の暴走だけはなんとか食い止めました。

ところが大飯原発では
制御棒の挿入が大幅に遅れる可能性があるのです。

こんな重要なことを裁判で
関西電力と市民が論議しています。
しかし、関西電力は安全無視の暴論を繰り返しています。

また、原子力規制員会の事故時の
被ばく被害予想は過小評価になっています。

市民団体の調査では
茨木市でも7日間で20msvもの予想がでています。
(日本の基準は年間で1msv)

大飯原発は本当に私達の命をおびやかしていることを
一人でも多くの人に知ってもらいたいと思います。

日時:2012年11月26日(月) 19:00~21:00
場所:茨木市クリエイトセンター203号室  茨木市駅前四丁目6-16
資料代:300円
主催:「内部被ばくを生き抜く」茨木キャラバン実行委員会  
   (関西よつ葉連絡会淀川産地直送センター、生活協同組合コープ自然派ピュア大阪、 
    有機野菜の八百屋おおぞら、新鮮・こだわり野菜屋「南来屋」、NPO地球とともに ) 
問合せ:武藤北斗 090-1103-1672


カテゴリー: ▽▽ 関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です