自然エネルギーを考えてみる

自然エネルギーに興味のある方はぜひ参加してください!!!

日本でももっと原発に頼らず、自然エネルギーを普及させるべきと思いませんか?

どうすればいいんだろう。皆で考えてみませんか?

(以下転送歓迎)

★☆第2回六ラプ東日本市民サミットへ向けての実行委員会vol.1「エネルギー会議!」★☆

日時:2010年4月29日(木・祝)12時30分(~16時30分くらい)
場所:エルパーク仙台 創作アトリエ
(三越仙台店5F 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号)
地下鉄勾当台公園駅下車
呼びかけ:6ラプ東日本市民サミット世話人会
連絡先 舘脇(たてわき)hag07314(at)nifty.ne.jp 090-8819-9920(夜20時以降)
(参加できる方は、できれば事前にご連絡ください 個人でも団体でもOKです)

会議内容:
・2011年2月26日、27日開催予定の第2回六ラプ東日本市民サミットへ向けた実行委員会のたちあげ
・自然エネルギー(持続可能エネルギー)の各部門学習発表

<呼びかけ文>
原子力に頼らないエネルギー社会を実現するために、持続可能なエネルギーを模索しできることから実践していく。それは「STOP再処理」
という道を進むためのもう片方の車輪であり、これからの世界の在り方を考える上でも重要な要素でしょう。
私たちは3月13日に八戸市で開催した「竹村英明講演会+シンポジウム/原子力に頼らないエネルギーを考える」を成功裏に終え、
「第2回六ラプ東日本市民サミット」を2011年2月に開催することを決定しました。テーマはもちろん「持続可能なエネルギー」です。
日本のエネルギー政策は、未だに原発を推し進める前時代的で独裁的なものです。このまま進めば、日本は持続可能なエネルギーを進めていくための優秀な技術を持ち
ながら世界からどんどん引き離されてしまいます。
私たちはもちろん「STOP再処理」もさらに大きな動きとして継続していきますが、このSTOPやNOに対するGOやYESのファクターとして「
持続可能なエネルギー・プロジェクト」も同時進行させていきたいと考えています。そのためのステップとして「六ラプ東日本市民サミット実行委員会vol.1『エネルギー会議』」を仙台で開きます。
この実行委員会では、3月13日に主催者が11人で分担して発表した風力、太陽光、電池、などの各テーマについて、さらにバージョンアップして再発表します。
この国のエネルギーのことを考えたいという方。「STOP再処理」の運動には関われないけど「自然エネルギー」
なら参加できるという方。そしてもちろん「再処理止めたい!原発止めたい!」という方も、まずは生の声で語り合うことから始めましょう。
1人1人のハートが新しい社会を作る力となるような、1人1人の言葉が新しい社会の礎となるような、そんなエネルギー会議に是非ご参加ください。

■■応援クリックお願いします■■
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 終了した関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です