「大飯原発を止めよう 仮処分裁判の学習・座談会」京都・大阪

私も原告になっている「大飯原発運転差し止め仮処分裁判」
本当に関西電力の姿勢や意見がひどい。
マスコミの前では良い事ばかりを言っているようだが、
裁判となれば本性丸出しの、安全性無視で原発を推し進める。

ぜひ、たくさんの人に事実を知ってほしい。
そして、裁判の重要な中身を知ってほしい。

福島原発事故を逆手に取って、
逆に基準を緩めようとしてる関西電力の思惑を知ってほしい。

本当にこのままでは日本は原発で破滅すると思う。
このままではいけないよ。

今回は学習会&座談会。
皆で意見を出して、核燃を止めるためのこれからの動きも考えていこう。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大飯原発を止めよう 仮処分裁判の学習・座談会
京都 9月30日(日) / 大阪 10月6日(土)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大飯原発3・4号を止めるため、3月12日に関西電力を相手取って、大阪地方裁判所に運転差し止め仮処分裁判を提訴しました。これまで5回の審尋が行われました。次回は10月10日です。

裁判の争点は、大飯原発近傍の3つの活断層が連動して動いた場合に、原子炉を止めるための制御棒が基準値2.2秒以内に挿入できるのかという問題です。
活断層が3連動した場合には、制御棒挿入時間は2.2秒を超えてしまいます。そのため関電は、設置許可では2.2秒を守らなければならないが、安全上は11秒まで大丈夫などと、人々を炉心溶融一歩手前の危険に陥れる暴論を述べています。

この裁判で争点となっている問題を中心に、「いまさらこんなこと質問できないなあ」とか、「裁判の進展はどうなっているの」など、ざっくばらんに座談会形式で行います。
また、新規制委員会の発足によって、原発の運転再開や六ヶ所再処理工場、「もんじゅ」の推進が狙われています。これらの問題についても、今後どのような活動が必要かなど議論していきましょう。

裁判の原告や支援者の方、大飯原発を止めたいと思っている方はどなたでも参加できます。会場は大きくありませんので、参加ご希望の方は、下記にご連絡お願いします。定員になり次第締め切らせていただきます。
 京都と大阪の2会場でおこないます。同じ内容ですので、都合のいい日にご参加ください。

◆ 京都 
日時:9月30日(日)10:15~12:30
場所:下京いきいき市民活動センター 京都市下京区上之町38番地 うるおい館 2階
   京都駅から塩小路通りを東に約15分  地図は下記参照
   http://www.geocities.jp/tgtmk561/
参加費:300円
定員:25名 
事前予約:グリーン・アクション
    メール:info@greenaction-japan.org FAX:075-702-1952

◆ 大阪 
日時:10月6日(土) 18:30~21:00
場所 ロータスルーツ 大阪市北区西天満3丁目3−4 地図は下記参照
    http://loco.yahoo.co.jp/place/4ed85591c3eb2693d864ed8666e82f48731d96b0/map/?
参加費:300円
定員:40名
事前予約:美浜の会
   mihama@jca.apc.org FAX:06-6367-6581

■主催:大飯原発3・4号運転差し止め裁判原告団事務局■

カテゴリー: ▽▽ 関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です