大飯原発運転差し止め仮処分裁判 第六回審尋&アピール

10月10日 
大飯原発運転差し止め仮処分裁判 第6回審尋&アピール行動があります。
これまでと同じく、生声で司法へ応援を続けたいと思います。

震災前に「原発差止判決」を書いた元裁判官の言葉は僕達に大きな力を与えてくれると思いましたので紹介します。

「あの判決文は私が書いたんじゃない。
ペンを握る私の手のうしろにいた、
たくさんの市民の熱意があの判決を書かせたのだ。
サイレント・マジョリティーがあってはじめて、
あの判決が書けたのだ」

司法へのアピールは発言しまくってますが、
ペンを握る裁判長のうしろには僕達がいることを伝えられればと思います。

★—————————————————–★
 大飯原発運転差し止め仮処分裁判 第6回審尋&アピール行動
 日時:2012年10月10日(水)
 場所:大阪地方裁判所
 集合時間:15:00
 アピール行動:15:15~15:50
 審尋:16:00
 *審尋は傍聴席のない部屋です。
★—————————————————–★





カテゴリー: ▽▽ 関連イベント, 大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です