報告・8月13日「司法へのアピール」

大飯原発運転差し止め仮処分裁判の第三回審尋&司法へのアピールが終了しました。

 審尋にあわせた司法へのアピールも2回目を迎えた。約90名の市民が思い思いのプラカードを持ち、メッセージの入ったTシャツを着て、心の底から司法を応援した。
にぎやかなアピールを望んでいる方もいたとは思いますが、呼びかけ人の想いをくみ取り、一つ一つの言葉をかみしめるスローなコールを1時間行った。お盆ということもあり、ひっそりとした裁判所ではあったが、それだけに裁判官や職員の方へはダイレクトに響いたのではないかと思う。私自身、仲間の熱い思いのこもったコールに感動したし、前回の倍近い人数ということもあり声量はとてつもなく大きなものになっていた。
休憩で振り返るたびに、疲れているはずの皆の顔が晴れやかになっていたのは気のせいだろうか。コールの中で私が好きなのは「子どもを守ろう」「大人が守ろう」「一緒に守ろう」「頑張れ司法」のくだりだが、やはり大きな声で応援し、一緒に頑張る意思を伝えることは私たちが本当に求めている事なのだと思う。争いをしたいわけでもなく、喧嘩が好きなわけでもなく、ただただ誤った選択のまま未来の子ども達へ引きつぐわけにはいかない。
残念ながら今回で結審とはならなかったので、次回の審尋にあわせてもう一度「司法へのアピール―応援革命―」を行うことになりました。次回はより多くの人が集まって応援できればと思います。

■■ 次回アピール行動 ■■
日時:9月5日(水)
集合時間:10:00
アピール時間:10:15~11:00
審尋:11:00~
(部屋が狭いため原告も傍聴できません)


*今回のアピール動画です。

そして、第三回の審尋は裁判長からの鋭い指摘や質問があいつぎ、
それにあたふるする関西電力弁護団が印象的でした。
詳細は後で報告しますが、制御棒の安全に関わる問題に関しても
具体的な数字を質問されても答えられない場面などもありました。
それでも危険性を認めない姿勢に心のそこからあきれました。





カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です