女川プルサーマル了解 地元県市町、東北電力に回答

20100318021jd[1]

とうとうプルサーマルの了解を電力会社に伝えてしまった。
昨日、午前中に「止めようプルサーマル女川原発地元連絡会」として抗議声明を発表した。
宮城県知事・石巻市長・女川町長は『住民の理解を得た」なんて言うので、どこにもそんな根拠がないことをマスコミにも声明として提出したのである。
その内容については、後で詳しく紹介します。

それにしても、今回は宮城県知事が本当にワンマンで進めた感じがする。
本当にこんな進め方でいいのか。
プルサーマルの安全徹底など4項目を要請とあるが、そんなの当たり前でしょ。
ポーズだけとるのはやめてくれ。

慎重・反対の有識者を入れないで「安全検討会議」を作ったのはどこのどなたでしょうか?

女川プルサーマル了解 地元県市町、東北電力に回答
http://ow.ly/1o5LY

カテゴリー: 女川原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です