規制委候補4人に原子力マネー ■ 原子力ムラから抜け出す気のない政府

こんなんだから国の言う事を信用できない。

やっぱり原子力ムラから脱却する気がない。

なぜ規制する委員会に原子力ムラの人を入れる?
しかも5人中4人。

原発が爆発しても、それでも変れない憐れな人達。

この人事に異議あり!!の署名はこちら。
オンライン署名はこちらから
https://fs222.formasp.jp/k282/form2/





■47NEWS 規制委候補4人に原子力マネー 経歴調査資料で判明
http://www.47news.jp/CN/201207/CN2012073101002877.html
 政府が国会に提示した原子力規制委員会の委員長・委員候補5人のうち4人が、原子力関連会社などから報酬を受け取っていたことが31日、政府の経歴調査資料で判明した。 資料によると、委員長候補の田中俊一・前原子力委員会委員長代理は2011年度に原稿料や講演料として、原子力の啓発活動などを行う日本原子力文化振興財団から20万円、放射線関連商社、日本原子力産業協会から受け取っていた。
 委員候補の更田豊志・日本原子力研究開発機構副部門長、中村佳代子・日本アイソトープ協会主査、島崎邦彦・地震予知連絡会会長の3人も振興財団から講演料を得ていた。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です