保安員に破砕帯の写真を提出しない関西電力

原子力安全保安員は関西電力に破砕帯の写真提出を求めている。
敷地内の破砕帯が活断層と連動して地表をずらす危険性があるから。
しかし、関西電力は写真を提出していない。

理由は「写真を探しているが見つからない」

なんという人達だろう。
福島原発事故が起きて、何を学んだのだろう。





大飯原発の敷地内断層写真未提出 保安院要請に関西電力
(2012年6月26日午前7時16分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/35424.html
 再稼働準備中の関西電力大飯原発(福井県おおい町)の敷地内を走る軟弱な断層(破砕帯)が、活断層と連動して地表をずらす危険性が指摘されている問題で、経済産業省原子力安全・保安院は25日、関電に求めた破砕帯の写真が提出されていないことを明らかにした。
 保安院によると、要請には法的強制力はなく、関電は「写真を探しているが見つからない」としている。保安院は「データの要請は情報収集の一環」としており、大飯原発の破砕帯の活動性はないとの見解は変えていない。
 同日、参院議員会館で開催された市民団体などとの会合で保安院が明らかにした。
 保安院は、渡辺満久東洋大教授(変動地形学)らが今月初め、破砕帯がずれる危険性を指摘したのを受け、情報収集を始めた。1985年に関電が国に提出した大飯3、4号機の増設申請書に掲載された調査図面の原図と、破砕帯の写真を求めたが、原図しか提供されていないという。
 また、保安院専門家会議の委員のうち活断層に詳しい6人に非公式に見解を尋ねたところ、一部の委員からは「現地を調査するべきだ」との意見があったという。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です