【報告】大飯原発3・4号機運転停止命令の行政訴訟&集会

14時に大阪地裁に提訴し、15時から集会を行いました。
6月4日から原告を募集し、この短期間で134名が原告となりました。

今回の裁判は相手が国です。
(既に2回の審尋が終了している仮処分裁判は関西電力に対するものです)

集会でも少しお話しさせてもらいましたが、
野田総理大臣の先週の声明に僕は心の底から悔しくて仕方ありませんでした。
言葉は悪いですが、吐き気のする演説でした。
「絶対の安全はない」と言い切る原発を動かすこの日本はどうなっているんだろうと思う。

弁護団の方も話していましたが、
この裁判は司法が行政から独立しているかを問う重要な裁判です。

福島原発事故が起きても、
司法がこのでたらめな原発再稼働を許すようであれば
裁判所の意義はなくなると個人的には思っています。

またこの裁判に関してはゆっくりと報告させて頂きます。

●ちょっと記念撮影風に

●平日の昼間ですがたくさんの人が集まりました

●みんなの優しい笑顔も

●いざ出発!!顔が引き締まる

●たくさんのマスコミ。報道してくれたか気になるところ。

●集会もイスが足りなくなるほどの盛況ぶり





カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

【報告】大飯原発3・4号機運転停止命令の行政訴訟&集会 への3件のコメント

  1. ムーミン より:

    このような訴訟を起こそうとしている方々が、いらっしゃるとは知りませんでした。
    私は、野田首相を訴えられないものだろうかと金曜日の記者会見を聞いて思っていました。
    放射能汚染の危機に国民をさらそうとしている首相。 日本国憲法の「基本的人権の侵害」にならないでしょうか?

  2. 永島鉄雄 より:

    命よりも経済を優先する、現在の政治にはうんざりします。命と子ども達の未来を守るために立ち上がりましょう!

  3. hokuto より:

    うーんどうなんでしょうか。誰かに聞いてみます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です