原子力発電に関する野田総理の発言に係る新潟県知事のコメント

新潟県知事が野田総理の無責任で無茶苦茶な再稼動に対する発言に関してコメントを発表した。
原発立地県の知事のこの発言は重く見るべきではないか。
原発の再稼動の問題は政治の判断だけで急ぐようなものではない。

県知事のコメントをぜひ読んで欲しい。





■新潟県ホームページより
http://www.pref.niigata.lg.jp/genshiryoku/1339102948125.html
原子力発電に関する野田総理の発言に係る知事コメント
2012年06月08日
  本日、野田総理が、大飯原子力発電所について「安全性を確認した」と表明しました。
  現在、福島原発事故はいまだ収束しておらず、事故の検証も進行中であり、換言すれば、意思決定過程や組織のあり方なども含めた事故原因の特定も行われていません。事故原因が特定されなければ、対策を講じることができないことは自明の理であり、専門家である原子力安全委員会も班目委員長が安全を確認していないことを明言しています。
  このような状況下で専門家でもない総理が安全性を確認できるはずもありません。
  実際、「福島を襲ったような地震や津波が起きても事故を起こさない。」と限定付きでの「安全宣言」であり、福島を襲ったものとは異なる直下型の地震等の場合は再び「想定外」という言い訳が通る説明になっています。
  「電源が失われるような事態が起きても炉心損傷に至らないことが確認されている。」との発言についても、現実には、「電源が失われなくても、炉心冷却に失敗すれば、大惨事になる」ということが福島の教訓であることを無視した説明です。
  さらに、政府の安全性の基準は暫定的なものであるとまで説明し、責任回避が可能な内容となっています。
  この他にも指摘しなければならない事項が含まれていますが、新たな安全規制機関も未設置であり、万が一の事態が生じた場合の対策も固まっていない中で、「安全を確認した」と表明することは、新たな「安全神話」を創造することとなり、極めて無責任であります。
  米国NRCでは、爆発や火災によってプラントの重要な部分が失われるようなシビアアクシデントに備えて対応(B.5.b[※])を準備しています。
  国民生活を人質にして、安全を軽視した宣言となっていることは極めて遺憾であります。

※ 米政府の原子力規制委員会(NRC)が9.11テロの翌年に米国内の原発に対し策定命令を出した「原子力施設に対する攻撃の可能性に備えた特別対策」

——————————————————————————–

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

原子力発電に関する野田総理の発言に係る新潟県知事のコメント への1件のコメント

  1. ササキジン より:

    知事のコメントにすべて賛成いたします。改めて言うまでもなく、野田首相は歴史上最低最悪の日本国総理大臣です。ペラペラ言葉は回りますが、知事の仰る通り、責任回避の嘘が随所に混ざった会見には驚きました。こんな人を選んだ選挙民たちには責任をとってもらい、次の総選挙では是非落としてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です