安全無視の関西電力&保安員 「美浜原発2号機、40年超運転を認可へ」

関西電力と保安員がどれだけ安全を軽視しているかを表している。

政府は今国会に、原発の運転を原則40年とし、40年を超えた原発は廃炉とする原子炉等規制法の改正案を提出しています。
そんな中で、関西電力は改正前に申請を出すという常識外の手段に出た。
しかもそれを保安員が認める方針・・・

大体、新規制庁も出来ていなければ、新安全基準すらない状態。
そんな状態でなぜこれを認めることが出来るのだ?

日本という国は、ここまで愚かだったのか。
本当に情けない。この人達はこんな事して恥ずかしくないのか?
自分のやっている事、会社がやっている事を胸をはって人に話せるのか?

今まで40年以上の運転が認められたのは3例で、そのうちの一つが福島原発1号機です。





■読売新聞 美浜原発2号機、40年超運転を認可へ…保安院 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120606-00001004-yom-pol
7月に運転開始40年を迎える関西電力美浜原子力発電所2号機(福井県美浜町)について、経済産業省原子力安全・保安院は6日、運転延長を認める方針を決めた。
国会では、原発の寿命を原則40年とする新制度を審議中だが、今回は運転開始30年から10年ごとに安全性を評価して延長を判断する現行制度に沿った方針決定。40年を超えて運転が認可されるのは東京電力福島第一原発事故後、初めて。
同日、保安院の専門家による意見聴取会が開かれ、関電が作成した技術評価書と保全計画を妥当とする審査書案について、委員から大きな異論は出なかった。
今後、保安院は原子炉等規制法に基づき、延長の前提となる、美浜2号機の保安規定の変更を認可する。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です