今週の土曜は持続可能エネルギーに関するイベント

IMG_3959

イベントが今週の土曜まで迫ってきた!!!先週は岩手で最終の会議を行い(青森・岩手・宮城の団体が中心になっているので、中間の岩手で)、あついイベントの前哨戦?を行ってきました。やっぱり、原子力に変わる持続可能エネルギーをどうやって進めていくかは大きなポイントになると思う。ここはきっと、電力会社の人達とも協力できるのでは?と個人的には思っている。皆でよい方向に持っていこう!!!再度告知です。

転送・転載大歓迎です。

竹村英明講演会「原子力に頼らないエネルギーを考える」
~第2回六ラプ東日本市民サミット開催へ向けて~

日時:3月13日(土)12時30分開場 13時開会
会場:八戸市水産会館
(〒031-0822 八戸市大字白銀町字三島下95番地 0178-31-3001)
http://www.city.hachinohe.aomori.jp/index.cfm/10,7902,33,html
主催:六ヶ所村ラプソディー東日本市民サミット世話人会
参加費:無料(宿泊希望の方は事前に主催者までお申込みください)
連絡先:wakamesanriku@yahoo.co.jp わかめの会

■■内容■■
・竹村英明さん(環境エネルギー政策研究所 同研究所を母体として生まれたエナジーグリーン社事業部長)講演「原子力に頼らないエネルギーを考える」
・世話人各メンバーからのレポート(太陽光、風力、スマートグリッドなど10テーマ!)
・討論
☆もちろん、交流会もあります
交流会会場:居酒屋弁慶 夢の大橋店(水産会館そば)(宿泊も可)
宿泊:同 (3~4人相部屋で、一人約2500円です)

■■日程■■
13時~18時 各テーマ 発表(10テーマ各5分)・竹村さん講演・全体討論
19時~    交流会(~21時ころ 終了)

■■【企画趣旨】■■
今回の企画は次回サミットにむけてという位置づけであり、基本は自分たちが再処理・原発にかわる代替えエネルギーの政策や制度、提言、とりくみの可能性を探るために学習を深めることを目的に行おう、というものです。
 再処理を止める運動は、個々において自然エネルギーなどの代替エネルギーに関心があるとはいえ、全体としては代替エネルギーについて十分に検討されているかは疑問です。そこで、この内容をできるだけ具体的・主体的に学習し、「再処理工場の稼働停止を求めるとともに、代替エネルギーを構想し実現する」ことが求められていると考え、これを次回サミットのテーマにしたいと考えております。そのために、まず自分たち自身が、自然エネルギーなどの代替エネルギーをめぐる現状と今後の現実性、それにはどの部分が有効なのか、あるいは制度的にどこをかえていけばいいのかを、世の中に発信していくために、まず自分たち自身が知識や情報を深めていかなければなりません。具体的には
その1:制度政策面。どこにどんな問題があり、それを解決するためにはこのような改革が必要だ、という内容。
その2:技術面。一つの方法だけでなく、太陽エネルギー(電池、熱)、水力、風力、バイオマス、地熱、燃料電池などの利用について、科学的に検証した結果、どんな組み合わせ、あるいはどの方法が日本に適合する方法なのかを示す内容。などを今回の講演学習会で深め、次回サミットに結び付けていきたいと思います。

■■各テーマ発表について■■
自分たちで現状について学習・聞き取り調査をして、自然エネルギーなどの個別分野に関する可能性・問題点などを調査して、当日5分で発表します 
 分野は、さしあたり以下のようにリストアップしました 
 ・太陽光と太陽熱・風力・水力 ・地熱 ・バイオマス ・スマートグリットなど送配電関連・省エネルギー関連 ・太陽光や車など、発電・蓄電に使用する電池関連
 ・お金と電気の正しい使い方 ・ロケットストーブなどの家庭用装置 

■■【参加申し込み】■■
メール wakamesanriku@yahoo.co.jp  わかめの会
氏名・住所・電話・メール・交流会への参加、宿泊を希望するか
■■応援クリックお願いします■■
人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 終了した関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です