電気使用料に応じてポイントが貯まる「はぴeポイントクラブ」

関西電力は節電する気はあるのだろうか。
原発震災が起こり、普通に考えれば安全性が全く確保されていない原発が再稼働できるはずがない。ならば、2012年の夏に向けて対策をするべきだろう。電気使用を促進するような制度は直にやめるべきだろう。
 しかし、今だにこんなポイントクラブが存在する。オール電化の場合は「電気ご使用量10kWhごとに、1はぴeポイントがたまります! 電気料金ではなく、ご使用量に応じてたまりますので、電気料金の安い時間帯にご利用いただくほうが、よりお得に、ポイントをためることができます。」と書いてある。
 更に、「オール電化に興味をお持ちの方のために、「積み立て制度」をご用意!」とオール電化を勧めている。http://www.hapiepoint.com/point/denki.html

こんな体制で電気が足りないから原発再稼働?
本当にやめてください。原発事故は実際におこったんです。
安全性の確保ができてないことは、関西電力の方が一番よく分かっているはずです。

一緒にエネルギーシフトしていきましょう。
電気を作っている会社が責められる世の中もおかしいと思います。

畑で野菜育てる農家や、
海で漁をする漁師のように本当は感謝される素晴らしい仕事のはずなんです。
全て原発が問題なのです。

核燃サイクルの研究費を自然エネルギーに使いましょう。
今年は本当に苦しい節電になるかもしれない。
しかし、それが何年も続くわけではない。

今の私達が、今年だけか、来年もか分かりませんが、
少しの我慢をすれば自然エネルギーにシフトできるチャンスです。

放射性廃棄物を作りつづけ、未来の世代に残してしまう私達。
せめてここで少しの我慢はしてはどうだろう。


カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です