再処理工場 燃料プール13日で沸騰/安全評価結果

 はっきり言って、「1.48倍から1.75倍まで耐えられるようになった」と言われても説得力ない。こんなんで安心するなんて馬鹿らしい。
 まず事故が起きた時の補償・責任を誰がどのようにとるのかを決めた方が安全に近くなると思う。事故が起きたって御用学者やら推進派は雲隠れしたり、自分達はのほほんと暮らすのだから。そこの責任を明確にすれば、原発なんて誰も動かすなんて言わないよ。


■デーリー東北 燃料プール13日で沸騰/安全評価結果 (2012/04/28)
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2012/kn120428b.htm
 日本原燃は27日、六ケ所村の核燃料サイクル施設について、使用済み核燃料再処理工場など4施設に関する安全評価(ストレステスト)の結果を国に提出した。評価結果によると、再処理工場で安全機能を喪失した場合、使用済み核燃料貯蔵プールは約13日で沸騰するが、対策を講じると約40日まで余裕ができる。耐震面では基準地震動(450ガル)の1・48倍を超えるとプールを冷却できなくなる可能性があるものの、対策によって1・75倍まで耐えられるとした。
 原燃は「対策を打つことで、設計上の想定を超える事象に至るまでにかなりの時間的余裕を確保できるようになる」と強調した。
 ストレステストでは安全機能の喪失、寒波や豪雪などの自然災害により、プール水沸騰や水素爆発などに至ることなく施設がどこまで耐えられるかと、対策を講じたことによる効果について、耐震と時間の両面から安全上の余裕度を評価した。
 再処理工場では、冷却機能を失うと高レベル放射性廃液やプルトニウム溶液が23時間で沸騰するが、消防ポンプによる冷却コイルへの直接注水で約15日の余裕ができるとした。
 プルトニウム・ウラン混合酸化物貯蔵建屋の貯蔵室で排気系の機能を喪失すると、約42時間で貯蔵容器の一部が劣化する可能性がある。これも小型ディーゼル発電機からの給電で劣化までの期間が約16日に延びる。
 高レベル廃液などのタンクに圧縮空気を送る機能が失われた場合は34時間で水素爆発の懸念が生じるものの、コンプレッサーから空気を供給すると約15日の余裕が出る。
 耐震面では、燃料プールにつながる配管が通る地下通路の耐震性が最も低く、基準地震動(450ガル)の1・48倍だった。しかし、配管が壊れても消防ポンプから注水して冷却できるため、燃料貯蔵建屋自体の耐震余裕度(1・75倍)まで耐えられるとした。
 このほか、自然空冷式の高レベル放射性廃棄物一時貯蔵施設は、空気流路がふさがっても崩壊熱を除去できることなどから、「設計上の想定を超える事象」として選定されるものはないと評価。
 ウラン濃縮工場では、建屋内部で六フッ化ウランが漏れても直ちに外部に影響を与えないとした。低レベル放射性廃棄物埋設施設に関しても、外部への過度の影響はないことを確認したとしている。(齋藤桂)

カテゴリー: 再処理工場, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です