大飯再稼働住民説明会 会場の運動公園を閉鎖

この記事すごい事書いてるよ。最後の一文すごすぎるよ。
時岡町長は20日、町役場で記者会見し、住民説明会について「町民に納得していただけるような説明を求めたい。原発の必要性、安全性について反対が多数になるような説明はしないでほしい」と述べた。
再稼働前提の説明会を町長が公にお願いしてるよ。安全重視じゃないのがコレで完璧に分かった。


■読売新聞福井 大飯再稼働住民説明会 会場の運動公園を閉鎖
24日から 危険物持ち込み警戒
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20120420-OYT8T01212.htm
住民説明会の会場となる総合運動公園の施設入り口に看板を設置する業者(20日午後、おおい町で)=大久保忠司撮影
 政府から大飯原発3、4号機の再稼働への同意要請を受けているおおい町が、26日に開く住民説明会の会場となる同町総合運動公園の一般使用を24日から3日間禁じることを決めた。危険物の監視など警備強化の一環で、同町は20日、使用禁止を知らせる看板を設置した。
 住民説明会は事前に申し込みをした町民だけが対象で、同公園内の体育館で午後7時半から9時まで開かれる。柳沢経済産業省副大臣が出席、同省担当者が大飯3、4号機の安全性などを説明、質疑が行われる。時岡忍町長は、説明会に参加した住民の反応や町議会の意向を踏まえ、再稼働の是非を判断する方針だ。
 時岡町長は20日、町役場で記者会見し、住民説明会について「町民に納得していただけるような説明を求めたい。原発の必要性、安全性について反対が多数になるような説明はしないでほしい」と述べた。
(2012年4月21日 読売新聞)

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS , 若狭の原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です