食品の放射能検査「独自基準やめて」 農水省が通知

ここまでくると日本という国が怖くなる。原子力村の原発大好きな学者が安全と言っても常識ある人にはもう通用しない。特に小さな子供をもつ親は子供への内部被ばくに気をつけている。それを封じ込めるような国の動きは信じられない。特に震災前からオーガニック食品を選んできた私達にとっては、国の安全基準なんて放射能以外の事でも信用していない。経済しか考えない基準であるがために食品でなくなっているものも多数あると思っている。低レベルな基準をおしつけるな。



食品の放射能検査「独自基準やめて」 農水省が通知
http://www.asahi.com/politics/update/0421/TKY201204200862.html
 食品の放射性物質検査をめぐって、農林水産省は20日、スーパーや食品メーカー、外食産業などの業界団体(270団体)に対し、国が設けた放射性物質の基準を守るよう求める通知を出した。国よりも厳しい独自基準を設けて自主検査を実施し、「『放射性物質不検出』の食品しか売りません」などとする動きに歯止めをかけるのが狙いという。
 国は4月から、それまでの暫定基準を改め、新基準(一般食品の放射性セシウムは1キロあたり100ベクレル、牛乳と乳児用食品は50ベクレル、飲料水10ベクレル)を施行した。
 通知は同省食料産業局長名で出され、民間に広がる自主検査に対する注意喚起の形をとっている。通知は、この新基準が国際的な指標と比べても、さらに厳しい設定であることを強調。「過剰な規制と消費段階での混乱を避けるため、自主検査においても食品衛生法の基準値に基づいて判断するよう周知をお願いします」と記している。

カテゴリー: 学校給食, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です