大飯原発のあるおおい町にチラシ配りにいきました。

 11時30分に若狭本郷駅に集合。約15名で福井県大飯郡おおい町へチラシを配り、時間のある限り地元の皆さんとお話をしました。私は大飯原発から一番近い大島地区へ。私が最も驚いたのは小学校が原発にあまりに近いこと。そして、青戸の大橋を渡ってから原発へ向かう241号線がトンネルの連続で、しかも山側の斜面が地震に耐えられるのかとても不安に思いました。もし昼間に事故が起きたら子供達はこの道で逃げられるのだろうか。
 数人の方とお話をしましたが、やはり再稼動に関して不安な気持ちはいっぱい。だけど、原発がなくなったらエネルギーはどうなるのか?雇用はどうなるのか?などの不安もあるようです。今回は基本的にお話を聞くことを大事に考え僕はあまり意見をいわないようにし、、チラシを見てもらう事にしました。質問されたら答えるようにしたので、宮城での経験や被災経験も包み隠さずお話しました。そして、大飯原発付近にある活断層の3連動を考えると怖くて仕方ないことも。
 原発の近くに住むほど恐怖はリアルであると改めて思いました。しかし、その反面とても羨ましい気持ちにもなりました。綺麗な海や空や大地や畑や田んぼや川がありました。どんな大都会に行っても、どんな快適な機械があっても羨ましくない。だけど、今日はチラシを配りながら、とても羨ましく切なく思った。ねぎの苗を積んだトラックが懐かしかった。この素晴らしい環境を暮らしを大事にしてほしい。原発が事故が起きたらどうなるか、もう一度考えてもらえるきっかえになればと思いながら話をしました。
そして、長年動いている皆さんの背中を見て、感謝の気持ちがまた深くなった。こんな地道な動きから、国への交渉まで本当に頭が下がるおもいです。これからは共に頑張りたいと思う。




クリックが最高の応援!!

■地図上のAから南下して配布。すぐ左上が大飯原発。左下が小学校。あまりに近い。

大きな地図で見る

●集合場所の若狭本郷駅

●塩浜海水浴場

●大島地区のモニタリングポスト

●モニタリングポストの看板

●チラシ配布中のスタッフ

●チラシ配り中のスタッフ

●大島地区へ向かう途中のトンネル

●青戸の大橋

●学校にもよってみた

●役割分担も綿密に

カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

大飯原発のあるおおい町にチラシ配りにいきました。 への6件のコメント

  1. しほ より:

    北斗くんありがと~

    若狭、ほんまにいいとこ。
    大好き。
    海がきれいで
    水もよくって
    お話しにいってくれてありがとう。
    どんだけ不安か
    どんだけ怖いか
    いろんな意味で

    申し訳ないです。
    祈るような気持ちです。

    関電前でのリレーハンスト 明日行ってきます。
    大阪で住む私たちが行動し生活を変えることがすごく大事だと思う。

  2. 斉藤孝司 より:

    現地でのアプローチって必要だと感じました。デモしたり、抗議行動したり、署名活動しても、現状は政府が決定して、地元の自治体を説得すればいいとなっているので。本当に声を上げないといけないのは、大阪の人達だと思っています。お疲れ様でした、ありがとう。

  3. 裕美 より:

    原発再稼動について、絶対に再稼動させてはならないと、ネットで調べ、こちらにたどり着きました。有難うございます。素晴らしい活動をしてくださっているんですね。私は静岡県に住んでいますが、何かできないかと、思い続けています。これは、日本全体の、さらに、地球の問題。関西の方々には、そこでの生活者として、切実な声を上げてほしいし、私も日本国民の一人として、国に対し反対の意見を上げていきたい。  今後とも情報よろしくお願いします。

  4. hokuto より:

    しほさん
    本当にきれいで素敵なところでした。この場所を放射能で汚染したくないと心から思いました。心底「ここでの生活うらやましいな~」と思いました。

  5. hokuto より:

    斎藤さん 現地の声を聞き考えることは、どんな立場の人でも必要だなと思いました。ただ、誰もが行けるわけでもないので、行った立場で考え行動し報告が続づけていければと思います。

  6. hokuto より:

    裕美さん いろんな団体や個人が動きつ続けることで、希望が見えてくると思っています。自分に出来るとこを精一杯頑張ります。それぞれの地で頑張りましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です