「女川原発オフサイトセンター」と「大飯原発オフサイトセンター」場所比較

 原発事故の際、現地の対策拠点となるオフサイトセンターは全国に16カ所ある。福島原発のオフサイトセンターは通信網が遮断されるなどしたため機能せず、3月11~15日の間しか使われなかった。
 津波に襲われた女川町では女川原発オフサイトセンターがどうなったかご存じだろうか。津波は屋上を飲み込みました。そして、再稼働問題にゆれる大飯原発のオフサイトセンターはどこにあるのか。下の地図をご覧ください。ここで対策ができるとは思えない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

撮影:2012年3月26日 *女川原発オフサイトセンター


大きな地図で見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*大飯原発オフサイトセンター

大きな地図で見る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



クリックが最高の応援!!

■河北新報 女川原発 事故時対策拠点が壊滅 発電所で監視継続(2011年3月24日の記事)http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1062/20110324_12.htm
 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)の事故時などに対策拠点(オフサイトセンター)となる同町の県原子力防災対策センターが、東日本大震災による津波の直撃で使用不能となっていることが23日、分かった。放射線の監視などを行う隣接の県原子力センターも壊滅的な被害で、環境放射線などを監視できない状態。いずれも機能回復のめどは立っていない。
 経済産業省原子力安全・保安院によると、自動停止後の女川原発の監視は、仮のオフサイトセンターを仙台市内の仙台第2合同庁舎に置いた上で、国の保安検査官2人が女川原発内に常駐して継続している。
 原子力センターの石川陽一所長によると、津波は2階建ての対策センター屋上をのみ込んだ。屋上には石川さんら関係者や住民ら約20人が避難していた。このうち対策センター内にある国の保安検査官事務所の男性所長や県職員ら数人が流され、現在も連絡が取れていないという。
 オフサイトセンターは緊急時、国や自治体の関係者らが情報交換や対策を検討する拠点。発電所の状況や放射線測定値を確認できるシステムなどの設備は、津波で使えなくなったとみられる。
 原子力センターも周辺に設置している7カ所の放射線測定ポイントの全てが測定不能になった。女川原発周辺の放射線は、東北電力が敷地内で測定しているデータで監視する状況となっている。
 宮城県は「女川原発が安定的に停止していることを日々、確認している。福島第1原発事故の県内への影響に関する対応に追われており、女川の監視体制の再構築には時間がかかる」と説明している。
2011年03月24日木曜日

カテゴリー: 女川原発, 核燃の気になるNEWS , 若狭の原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です