再処理工場がひっそり、また始めたよ

また再処理工場がひっそりと何やら始めたようです。きっと、またトラブルを起こします。分かっているのに保安員も安全委員会もなぜ何も言わないのか?安全重視じゃないからか・・・



クリックが最高の応援!!

■デーリー東北 炉内のガラス抜き出しに着手/再処理工場
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2012/kn120322a.htm 
六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場で21日、ガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)を製造する溶融炉の熱上げが完了し、日本原燃は炉内からガラスを抜き出す作業に着手した。順調にいけば4~5日で炉内が空になる。
 ガラスの流下不調が発生した炉の回復に向け、原燃は今月4日から熱上げを行っていた。炉内には固化体約10本分のガラスが入っており、全て抜き出した後、遠隔操作できるカメラを使って炉内の状況を確認する。3月下旬から約1カ月間、圧力容器の法定点検を行う必要があるため、試験再開は4月下旬以降となる。(齋藤桂)

カテゴリー: 再処理工場, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です