国の暫定基準は被害者でなく、加害者を守っている。

国のいい加減な基準に心底腹が立つ。国は500で大丈夫と言ってても、誰も大丈夫なんて思ってない。出荷自粛の人達の生活はどうなるんだろう。被害者ではなく、加害者を守るのが日本の法律なのだろうか。



クリックが最高の応援!!

■産経ニュース 香取市産タケノコ 出荷自粛要請 千葉
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120321/chb12032122400002-n1.htm
 千葉県森林課は21日、香取市内で生産されたタケノコから1キロ当たり130ベクレルの放射性セシウムを検出したため、同市に出荷自粛を要請したと発表した。国の暫定基準値(1キロ当たり500ベクレル)よりは低いが、4月以降の新基準値(同100ベクレル)を上回っているため。市場には出回っていないという。
 県内では35市町村でタケノコを栽培している。平成22年度の出荷量は、280トンで全国16位。出荷自粛要請は今回が初めて。
 県はまた、昨年8月~今年3月に検査した18市31人の生産者が栽培する原木施設・露地シイタケが新基準値を上回ったため、今月9日に出荷自粛を要請したことも明らかにした。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です