原発依存下げるなら「MOX燃料工場」いらないでしょ

自然エネルギーにシフトしていくなら、MOX燃料なんていらないよ。MOX燃料を使うプルサーマルなんてやらないよ。電力会社は言ってたよ「プルサーマルで安全余裕度は下がる」「普通の原料よりコストかかる」って。福島原発事故が起きたの知ってる?安全余裕度が少しでも下がるものはやっちゃ駄目だよ。だから、工事はすぐにやめてください。



クリックが最高の応援!!

■デーリー東北 MOX工場の工事近く再開/原燃 http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/tiiki_tokuho/kakunen/news/news2012/kn120315a1.htm
 東日本大震災後から建設工事が中断しているプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料加工工場について、日本原燃は14日、基礎部分を造成するための掘削作業を、近く再開する意向を明らかにした。MOX燃料を一般の軽水炉で燃やすプルサーマル計画を含め、国の原子力政策は見直しが進んでおり、先行きが不透明な情勢だが、石原準一常務は同日の本紙取材に「(再開は)原燃の自主的判断。工事は着々と進める」と答えた。
 同日、石原常務が六ケ所村役場に古川健治村長を訪ね、非公開で現状を説明した。
 説明後の取材に対し、石原常務は議論の動向を「注視している」とした一方、「再処理とセットのMOXは必要だとの信念を持っている」とも強調。今後は、工事区域の雪解けを待った上で「安全最優先で進める」と述べた。具体的な再開時期は示さなかった。
 同工場は2010年10月に着工。雪の影響を考慮して冬季の工事を行わない当初からの方針に加え、震災後は社会情勢などを踏まえて中断し、結果的に16年3月完成のスケジュールからは1年ほどの遅れが生じている。これに関し、石原常務は「(見直しは)具体的に検討していない」と現時点での影響を否定した。
 工事再開については、原燃の川井吉彦社長が11年9月の会見で使用済み核燃料再処理工場でのガラス固化試験再開と同時期に実施する意向を示していた。だが、再処理工場は試験前の作動確認でガラスの流下不良が発生するなどし、再開を延期している。(藤野武)

カテゴリー: 再処理工場, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です