大飯原発3・4号機の再運転差し止め仮処分提訴

本日、原告259名で大飯原発3・4号機を再稼働しないよう
関西電力に求める仮処分を大阪地方裁判所に申し立てました。

提訴後、場所を移動して記者会見と提訴集会が行われました。
集会では私も原告の一人として発言させて頂きました。
内容などは後日詳細を報告します。

●● 共同代表挨拶 ●●
大飯原発3・4号運転差止の仮処分提訴にあたって
 福島第一原発事故から1年が経ったいま、私たちは改めてその被害の深刻さ重大さを見つめ直し、二度と再びこのような事故を起こしてはならないとの強い決意を固めています。他方、政府と関西電力は大飯原発3・4号を運転再開させようと、さまざまな画策を強引に進めています。
 そのため私たちは3月12日に、大飯原発3・4号の運転差止の仮処分命令申立を、関西電力本店のある大阪の大阪地方裁判所に提訴しました。
 原告は、福井県と関西の全府県及び岐阜県から短期間に259名が集まり、提訴後に集会を開き原告団を結成しました。原告の代理人として5名の弁護士を立てています。
 原告団集会では、福井、滋賀、京都北部、京都市、奈良、大阪、和歌山、兵庫及び岐阜の各地から、原告が自らの運動を踏まえた熱い決意を語りました。今後、地元了解を阻止するための活動を各地域でいっそう強め連携を密にし、また、弁護団と共同して争点を明確にしていきます。大飯原発3・4号を何としても動かしてはならないという決意で裁判に取り組みます。
 全国のみなさんのご支援をよろしくお願いします。大飯原発3・4号の運転再開を止めるため、いっそう固く手をたずさえて前進していきましょう。
2012年3月12日
大飯原発3・4号運転差し止め裁判 原告団
共同代表  アイリーン・美緒子・スミス
     小山 英之
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/teiso_20120312.htm
今日は写真とニュースの案内です。




クリックが最高の応援!!

■朝日デジタルニュース
http://www.asahi.com/national/update/0312/OSK201203120108.html
 関西などの住民259人が12日、定期検査で停止中の大飯原発3・4号機(福井県おおい町)を再稼働しないよう関西電力に求める仮処分を大阪地裁に申し立てた。「複数の活断層が連動した大地震発生の可能性を検証していない」と主張している。
 原告側弁護団によると、原告は関西6府県と福井、岐阜両県の住民ら。申立書では、連動型地震で揺れが大きくなれば、原子炉内の出力を調整する制御棒を安全に炉心へ挿入することが難しくなると指摘。重大事故が起きた場合、関西の水源の琵琶湖が放射能に汚染される可能性があると主張している。
 大飯原発3・4号機を含む福井県内の7基の再稼働をめぐっては、別の住民グループも昨年8月に同様の仮処分を大津地裁に申し立てている。3・4号機について連動型地震を考慮する必要はないとしている関電は「安全対策が万全であることを社会に説明し、理解してもらえるよう努める」とする談話を出した。(岡本玄)

■日テレニュース24
http://news24.jp/nnn/news8893646.html
震災後、国内初の再稼働となる可能性がある関西電力・大飯原発3・4号機について近畿の住民らが再稼動の差し止めを求める仮処分を申し立てた。大阪地裁に仮処分の申し立てたのは近畿2府4県に住む住民ら259人。現在、関西電力では管内すべての原発について定期検査で運転を停止しているが、大飯原発の3・4号機については国がストレステストを妥当と判断、震災後、国内初の再稼動となる可能性が出ている。きょうの申し立てで住民らは、大飯原発近くの3つの活断層が連動して地震が起きれば、重大な原子炉事故も考えられると指摘した。一方、関西電力は「原子力発電所の安全対策が万全になされていることを社会に説明し、理解頂けるよう努めていきたい」としている。

カテゴリー: イベント・レポート  , 大飯原発3・4号運転差し止め仮処分裁判   パーマリンク

大飯原発3・4号機の再運転差し止め仮処分提訴 への1件のコメント

  1. ピンバック: 内閣府原子力安全委員会を無視??? |  『反核旋風』 NPO地球とともに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です