関西電力・過去最高赤字の見通し

火力発電の燃料費がかさんで赤字。

火力のせいって言いたいのかな?
原発反対するなって言いたいのかな?

原発事故をおこしたのは電力会社。
危険を訴える専門家を無視し続けた政府や自治体や電力会社。

福島原発事故の解明もできていない今、
普通に考えれば原発の再稼動なんてできるはずがない。

事故が起こればこうなるのは分かっていた事。
原発にどっぷり依存させた自治体の雇用がなくなるのも分かっていたいこと。

別に原発反対の人達が仕組んでるわけではない。
こうなることを恐れているからこそ反対していたし、
今も反対している。

この「赤字」も「原発事故の実害・風評被害」も「原発再稼動反対」も「放射能瓦礫」も
反対している人や不安に思っている人を責めるのは筋違いというものだ。

すべてを分かって
原発や核燃を推進して来た人を僕は許せません。

↓↓ クリックで応援してね

大阪府 ブログランキングへ


■yahooニュース  <関西電力>最終赤字2900億円、過去最悪 3月期連結
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120225-00000046-mai-bus_all
関西電力の12年3月期連結決算の最終(当期)損益が2900億円程度の赤字になる見通しであることが25日、分かった。1951年の会社設立以来、過去最悪の赤字幅。定期検査で停止したままの原子力発電所の代替として、火力発電の燃料費がかさんだ。27日にも発表する。
 東京電力福島第1原発事故後、定期検査入りした原発が順次停止。今月20日には関電の全原発が停止したが、「原発の再稼働時期が見通せない」として、年間の業績予想を示していなかった。経済産業省原子力安全・保安院が大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の安全評価(ストレステスト)を妥当と判断したが、再稼働に必要な地元同意を今年度中に取り付ける見通しは立たず、赤字幅の圧縮は不可能と判断した。役員報酬の減額も検討する。
 火力発電の稼働増によって、昨年4月から12月までの燃料費が5023億円と前年同期の約2倍になった。他電力会社からの電力融通や企業の自家発電設備からの買電も増えたほか、節電要請による販売電力量の低下も収益を悪化させた。
 関電の最終赤字は、会社設立時の52年3月期(10億円の赤字)▽第2次石油危機の80年3月期(187億円の赤字)▽原油高に見舞われた09年3月期(87億円の赤字)の3期だけだった。【横山三加子、南敦子】

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

関西電力・過去最高赤字の見通し への1件のコメント

  1. ヒロポン一家 より:

    赤字といって、賠償請求を逃れようとしてるんじゃないかしら。甘い甘い。今から東電にすごい量の請求書が届きますよ!よろしくね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です