柏崎刈羽原発の熱交換器から煙

原発の施設から煙が出るなんて、震災前だったら大問題。
しかし、今ではたいして取り上げられることもない。

事故があったからこそ、もっと注目しないと。
原発を推進している人はまた安全神話を作ろうとしている。
大事故はそんな時に起きてしまう。

■yahooニュース(毎日新聞) <柏崎刈羽原発>5号機の熱交換室で煙 原子炉に影響なし
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120226-00000002-mai-soci
東京電力は26日、定期点検中の柏崎刈羽原発5号機の熱交換室で煙が発生したと発表した。同社によると、原子炉に影響はない。
 熱交換室は原子炉を冷やす海水を引き込む施設。同社によると、25日午後11時36分にポンプの軸受け部分から煙が発生し、5号機の中央制御室の警報が鳴った。出火は確認されておらず、けが人はいないという。【塚本恒】

↓↓ クリックで応援してね

大阪府 ブログランキングへ

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です