「放射能ガレキ」に反対するわけ

脱原発の署名をしてくれる人にも「放射能ガレキ」は仕方ないと言われました。

しかし、仕方なくありません。
放射能の被害も問題ですが、
「放射能ガレキ」を受け入れないと非国民と言わんばかりの状況に問題を感じます。

しかもこの状況は国やマスコミ報道ににより作られていると感じるからです。
同じような方法で原発も推進されてきました。

危険を訴える学者や専門家がいても意見を聞かず、
ただただ経済を中心に物事を進めていく。

今回の放射能ガレキに関しては慎重に処分しなければ、
放射能被害が拡散する恐れがあります。

その可能性を限りなくゼロにするための、
調査や実験や議論を早急に行わないといけないです。
あらゆる立場の人を呼んで。

そして、放射能の事に関しては経済性を考えない。
どんなにお金がかかろうとも、命を重く判断する。

何がベストなのか、本当に検討されていません。

しかも、大阪では灰の最終処分場も決まらず、基準値を超えてしまった場合の対策もなく、
処分場の空間線量の調査すらできず、住民への説明会すら実施しない。

震災前の核燃推進にそっくりです。

原発を平和利用と言って進めてきた人達。
放射能ゴミを被災地支援と言ってる人達。

何も日本は変わってないのか。

もっと根本を見つめなおさないといけいない。
マスコミや国が繰り返し言っていることを、まるで自分の意見のように話す人がいる。

それはあなたの意見じゃない。
洗脳されてるだけに見える。

もっとしっかり自分で考えよう。
被災地に何ができるだろう。
子供達をどうやって守れるだろう。

大阪で焼却できないものは、被災地でだって焼却できない。
大阪で焼却できるフィルターがあるなら、
被災地に放射能ガレキ用の焼却場を経済性ぬきで一気に作る。
雇用も生まれる。
被災地が処理費用を他県に払わなくてよくなる。

もしくは埋めた方がいいのかもしれない。

もちろん、全ての費用は東京電力が払う。
ボーナスもらってる場合じゃない。

とにかく、何も考えずに仕方ないと言う人がこれ以上増えない事を祈る。

そして、責める相手が違う事に気づいてほしい。
原発事故さえなければ、こんな争いもゴミもなかった。

もっと言えば、何倍もの速さで復興が進み、
日本全国の人が被災地を助けるために、放射能の事など気にせずに
食品を買うこともできたし、旅行にも行っただろうし、ボランティアにも行っただろう。

それを全部ぶち壊したのが原発事故であり、東京電力。
そこを決して忘れてはいけないと思う。

↓↓ クリックで応援してね

大阪府 ブログランキングへ

カテゴリー: 放射性ガレキ, 日記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です