国母選手について思うこと

多くの人がそうであると思いますが、
今回の問題で国母選手を知った人が多いと思います。僕もその一人です。

今回の騒動で思うのは、
服装よりも記者会見の「チッ うるせーな」が決定的。

しかし僕は
記者会見全体やそれまでの国母選手とマスコミのやり取りを知りたい。
国母選手があのような発言をするように皆で仕向けてはいないだろうか。

もし、そんなことをしていたら僕は許せない。

スノーボードの技を極めるため、
僕らには計り知れない努力をしていたでしょう。

それをワイドショー的に視聴率などのために操作していたとしたら、
本当にひどいと思います。

僕は何となく自分の推測が当たっているような気がします。

日本人とか、武士道とか関係なく礼儀はとても大切にしている私も、
今回、彼のことは責めようとは思えません。

人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 日記   パーマリンク

国母選手について思うこと への2件のコメント

  1. ami より:

     難しいですね。
    ただ、いかなる理由にしても彼は普通に制服を着ていれば何も問題はなかったということです。
    誰もがオリンピックに出るためには多くの苦労をしています。
    費用もバカにはなりません。
     國母くんは、友人のために募金活動をし、手術代を集め、無事にその友人は手術をうけることが出来ました。なので、ことさら今回の件はもったいない、と思ってしまいます。
     彼は「スノボやってる人間にしかボーダーの気持ちは分からない」といいました。でも、それはどんなスポーツでも同じこと。

     メダルを獲ると表彰台に上るときに「日本代表の○○」と紹介されます。
    その「重さ」はもう少し彼には考えてほしかったと思います。

     それから、近年のマスコミはとてつもなくレベルが低いです。
    が、それを鵜呑みにしてしまうことが一番危険かな、と思います。
    今は、様々な情報を私たちは座ってパソコンで得ることが出来ます。
    多方面から情報を集め、比べ考えることが求められているのだと思います。

     「文字」とは武器にもなりますからね。

  2. こ^じ より:

    テレビと新聞ばっかり見てる人達用の編集ですよね。
    やっぱり見た目が大事ってことですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です