関西電力に原発の再稼働反対を申し入れ

今日で関西電力の原発が全て止まります。
日本の原発の52機が停止し、稼働している原発は2機になります。

電気は足りてますね。
政府も今年の夏ですら電力は足りると言ってるし。
http://chikyutomo.greenwebs.net/?p=3313

この感動的な日に、関西電力へ申し入れにいきました。
15団体がそれぞれの申し入れ書を作成し、
読み上げ、関西電力へ手渡しました。

彼らに僕らの気持ちは伝わったのか?

↓↓ クリックで応援してね

大阪府 ブログランキングへ





「NPO地球とともに」の申し入れ文書を掲載します。

関西電力株式会社様

原発の再稼働に反対します

私達は昨年3月まで宮城県に住んでいました。原発事故を不安に思う私達に対し、電力会社は「原発事故は起こらない」と言い続けていました。「放射能は5重の壁に守られている」「大地震が来ても耐えられる」「日本の原発はチェルノブイリ原発とは違う」と繰り返されました。東北電力にいたっては、仕事中に連絡もなく、何度も私の会社まで来て話をされましたので、よく覚えています。
しかし、原発事故は起きました。福島第一原子力発電所は爆発しました。電気もガスも水すらもない避難生活を生き抜く中で、次々と起きる原発爆発を知った時の私達の恐怖を理解しているでしょうか?今なお日本全国が放射能被害に苦しんでいることはご存知でしょうか?事故を起こしたのは東京電力ですが、原発の危険性に耳を傾けず、原発の安全神話を作り上げてきた全ての電力会社に責任があると私達は考えています。
地震や津波でなく原発事故によって、東北に住む多くの人達は自分達の土地や空や大地を奪い去られました。そして、多くの子供たちが何も分からず避難し、新しい土地で懸命に生きています。東北だけでなく、関東からもたくさんの方が避難しています。
国が何と言おうと、国民や東北の人達は福島原発事故が収束しているとは思っていません。本当に安全を重視するのであれば、危険を訴える専門家の意見も真摯に受け止め、福島原発事故の実態と原因を解明することに全力を注いでください。そして、電力会社が協力して福島の人達の生活を誠実に補償してください。
私たちはすべての原発の再稼働に反対します。そして、一日も早くすべての原発の廃炉を決定し、持続エネルギーへ転換を求めます。

NPO地球とともに
代表 武藤北斗

カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です