信号無視をしないで

昨日は山内知也さんの講演会に行きました。
その報告の前にひとつ記事をアップします。

少し早めに会場に着いたとき、声をかけられました。
視覚障害の方がこの建物の名前を聞いてきました。

郵便局に行きたかったようですが、隣のエル大阪に来てしまったようです。
大丈夫なんだろうけど、なんだか心配で一緒に行くことにしました。

ここで一つ分かったのですが、視覚障害の方を道案内する時は
ステッキを持っていない方に周り、腕を貸してあげるといいです。

郵便局に着くと、なんと全館停電でATMが使用できない。
近くのATMがあるビルを聞き、
市内が分かってない僕と彼の小さな旅が始まりました。

彼は学生さんで、大阪の方ではないとのこと。
彼との会話に夢中になり
ビルの名前をすぐ忘れる僕は、何度も彼に名前を確認しながらビルを探しました。

信号で止まった時、ふと不思議に思った。
こんな音もしない小さな信号はどうして青になったのが分かるのか。

答えは簡単で車の通っている音が基本らしい。
だから、交通量が少ない時間帯や場所は大変だそうです。

偶然ですが、その時の信号が変則的なもので
車だけ青で人は赤でした。
こんな時は人の気配や話し声で信号を判断するそうです。

そして、その時になんと自転車が信号無視。
これは完全に惑わされるとのこと。

これは本当に命に関わる事。
視覚障害の方がいるときはどんあに急いでも絶対に信号無視は駄目です。

旅行関係の仕事につきたいと言っていた彼は
本当にいい笑顔で話をしてくれました。

いつか、彼のツアーに参加できたらいいな。
名前も聞けなかったけど、きっとまたどこかで会える気がする。

↓↓ クリックで応援してね

大阪府 ブログランキングへ

カテゴリー: 日記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です