東電が補償すべきなのに、乳幼児に押し付ける気なのか?

食品の放射性セシウムの新基準で
乳幼児食品と牛乳について50ベクレルでなく、
100ベクレルでよいと審議会の会長が言っているらしい。

50ベクレルでは生産者に厳しすぎ、被災地の復興に影響を与える可能性があるとも言っているが、
なんで乳幼児のリスクをあげる必要があるのだろう?

東電と国が補償すべきところを乳幼児に責任を押し付けるつもりなのか?

↓↓ クリックで当ブログの応援お願いします!!

大阪府 ブログランキングへ

■毎日新聞 セシウム新基準値:乳児用食品100ベクレルに…答申案
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20120203k0000m040092000c.html 厚生労働省の諮問を受け、食品の放射性セシウムの新基準値案を審議していた文部科学省の放射線審議会(会長・丹羽太貫京都大名誉教授)は2日、乳児用食品と牛乳について、1キロあたり50ベクレルを100ベクレルに緩めてもよいとする答申案をまとめた。次回に最終案を厚労省に答申する。
 審議会では「乳児も含めどの年齢層でも、1キロあたり100ベクレルの食品を摂取し続けても、年間被ばく限度の1ミリシーベルト以内に収まる」との意見が大勢を占め、子供の健康は十分に守られるとの見解で一致した。新基準値案は農漁業生産者に厳しすぎ、被災地の復興にも影響を与える可能性があるとの意見も出た。答申案には「基準値の決定にさまざまな関係者が関与すべきだ」と記された。
 厚労省は昨年12月、穀類500ベクレルなど今の暫定規制値を見直し、乳児用食品50ベクレル▽牛乳50ベクレル▽一般食品100ベクレルなどの新基準値案を発表。放射線審議会の答申や国民の意見募集を経て新基準値を決め、4月から施行する。【小島正美】

カテゴリー: 学校給食, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です