政府交渉「再処理工場試験運転再開問題」「原発再稼働問題」

2012年1月26日(水) 14:00~17:30
参議院議員会館 講堂
「生命と生活、環境・自然を守る―原発さよなら署名」最終提出と質問要望書
一次集約分 107,985 筆
二次集約分  28,688 筆
合計    136,673 筆

約150名の方が参加しました。
(議員さんは福島瑞穂社民党党首が参加)

全国各地から集まっているため、
署名提出は各地域の代表者から一言ずつ発言してもらい署名を提出。

そして、あらかじめ提出していた質問書をもとに
政府交渉を行いました。
論点はいくつかありますが、私が印象的だった2点を報告します。

■再処理工場アクティブ試験について
原子力安全保安院は昨年11月25日に日本原燃に対し、アクティブ試験(試験運転)に関するストレステストの報告を提出するように指示を出しています。
その報告書の提出は今年の4月以降になるとのこと。
しかし、日本原燃は既にアクティブ試験を再スタートさせています。

保安院が提出を求めたものが、まだ提出されていない状況で、なぜ動かしていいのでしょうか?
明らかに順番が違います。

私たちはアクティブ試験をただちに中止し、もう一度検討しなおし、回答を出すよう求めました。

■原発再稼働について
これも単純な話で、福島原発事故の実態と原因は未だ明らかになっていない状況でなぜ安全と判断できるのか?
ここにつきると思います。
保安員も配管破損の可能性は否定できないと言ってますし、分からないことがたくさんあることも認めています。
その状態でどうやって福島原発事故の実態を踏まえた対策ができるのだろうか。

福島原発事故の実態と原因が明らかになるまでは再稼働をしないことを求めました。


私も少し意見をさせて頂きました。
保安員は福島原発事故で何を反省したのでしょうか。
今なお苦しんでいる人が多くいる中で、子供達が無用な被ばくをしたという事を、
もっとしっかりと考えてほしい。

原発事故が起これば、だれも責任なんておえない。
お金の補償の問題すら対応できていない。

せめて、保安員は国民を守る立場として機能してほしい。
日本を子供を大地を守れるのはあなた達です。

ぜひこのブログを見た皆さんも
国や保安員や県や市町村に想いを伝えてください。
この理不尽な進め方に抗議してください。

↓↓ クリックが、ブログの最高の応援になります!!

大阪府 ブログランキングへ

http://www.ustream.tv/recorded/20012678

カテゴリー: イベント・レポート  , 再処理工場   パーマリンク

政府交渉「再処理工場試験運転再開問題」「原発再稼働問題」 への2件のコメント

  1. ピンバック: 再処理工場、勝手にやって難航中。 |  『反核旋風』 NPO地球とともに

  2. ピンバック: 原発再稼働?正気? |  『反核旋風』 NPO地球とともに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です