【仙台、石巻】「原発の運転再開問題の現状をめぐって -4月、日本の原発全54基が運転停止!?- 」講演会

石巻と仙台で原発の再稼働を巡って講演会があります。

僕が石巻で被災した時に、残りわずかな携帯の充電の状態で、
真の情報と的確な判断を聞けると思い連絡したのが「美浜の会の小山さん」です。

そして、大飯原発の再稼働が騒がれる中で、
間違いなく先頭にたって動いている方です。

女川原発の再稼働にもかかわってくる重大な問題です。
ぜひ講演会に参加してもらえればと思います。

そして、女川原発に反対し続けた皆さんからの報告ももちろん見逃せないです。
きっと、TVでは流れないような真実を知ることができると思います。

追伸:主催の日下さん・近藤さんと脱原発会で再会しました。震災以降、会うのは初めてでした。
   多くは話せませんでしたが、胸がいっぱいになりました。遠くなりましたが、一緒に頑張ります。

↓↓ クリックが、ブログの最高の応援になります!!現在、大阪部門で4位!!
人気ブログランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小山英之さん(美浜の会代表) の緊急講演会
「原発の運転再開問題の現状をめぐって -4月、日本の原発全54基が運転停止!?- 」
参加費 無料(ただし資料代300円。仙台=先着100名様、石巻=先着80名様)

詳細:http://shiminnokai.info/cat58/-121-21.html

■<仙台>■
日時:1月21日(土)18時30分~21時(18時15分開場)
場所:仙台市シルバーセンター第二研修室(6階)
仙台市花京院1丁目3-2(JR仙台駅から徒歩8分)
Ⅰ.小山英之さん講演・・・・・・・・・・・・・18:30~20:00
Ⅱ.現地報告①東北電力等のやらせ問題報告・・・・20:00~20:15
   現地報告②女川原発の被災状況報告・・・・・20:15~20:30
Ⅲ.質 疑 応 答 ・・・・・・・・・・・・・・20:30~21:00
主催
さよなら原発・宮城講演学習会実行委員会
原子力発電を考える石巻市民の会
連絡先
日下郁郎(電話0225-22-0508Eメ-ルkusakaikuo@yahoo.co.jp原子力発電を考える石巻市民の会)
菅原晃悦(電話022-222-9181宮城県護憲平和センター)、

■<石巻>■
日時:1月22日(日)13時30分~15時(13時15分開場)
場所:石巻市労働会館ホール(3階)
石巻市泉町2丁目5-26(石巻市立図書館むかい)
主催
止めようプルサーマル!女川原発地元連絡会
原子力発電を考える石巻市民の会
連絡先:日下郁郎(電話0225-22-0508、Eメ-kusakaikuo@yahoo.co.jp)

 ◇去年末までに、地震列島日本の商業用原発の90%近い48基が定期検査で止まりました。残り6基も順に止まって、4月中に全54基が止まる可能性が強まってきました。これに対して、電力会社は新たな定期検査と「ストレステスト」の終わった原発の運転再開を急ごうとし、日本国政府も再開を認めようとしています。
 ◇しかし、福島原発事故を津波のせいにしてきた政府は、12月19日に美浜の会(小山英之代表)をはじめとした列島各地住民(宮城県からも参加)が行なった政府交渉で、津波前の地震による配管破損の可能性を否定しきれませんでした。列島各地で不気味な地震がつづくなか、政府が、事故原因などをあいまいにしたまま、根拠の疑わしい「ストレステスト」や津波対策で運転再開を認めてしまって、これから原発の安全を確保できるのでしょうか。
 12月8日に国会に設置された事故調査委員会の調査・検証はこれからです。政府がこの調査・検証結果も待たないで運転再開を認めようとしているのはなぜなのでしょうか。
 ◇福島県民や近県住民は、3・11の地震・津波による大災害に加えて、地震・津波が引き金となった原発事故による放射能災害によって悩み苦しんでいます。わたしたち地震列島住民が、この期にまず行なうべきことは、このような人工災害を引き起こした原子力推進政策やエネルギー政策の誤りを直視し、根本から問い直すことなのではないでしょうか。

カテゴリー: ▽▽ おすすめイベント    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です