「放射性ガレキ」について大阪府へ質問 2

12月20日に質問したのに、27日になっても返事なし。
しびれを切らして電話した。

前回に即答できなかったものを答えてもらいました。

●2000ベクレル/kgを超えた焼却灰はどうするか。
 決まっていない。とりあえず施設に保管になるだろう。

●1999ベクレル/kgまでの灰はどうやって最終処分場に運ぶか。
 ダンプの荷台にのせて、シートを2重にかける

●空間線量の規制値は?
 今のところ基準なし。東京などの様子を見ながら

ということです。
やはり後日回答してきたものは問題ばかり。
前回の質問と回答

基準(2000ベクレル)を超えた時のことを考えていない。
 また想定外って言うのか?

ガレキをコンテナに密閉してもってきて、
 焼却して放射能濃度があがった灰はシートをかけて運搬。
 馬鹿か。

空間線量の基準なし。
 東京の様子見る?
 自分達の頭で考えろ、東京の数値は関係ない、
 健康を考慮してみたらどうですか。

前回の質問の回答にありますが、
焼却場の近くの企業に風評被害、実害があっても補償されません。

焼却灰がのったダンプがシートを2重にして
あたなたの街を走ります。

■「大阪府域における東日本大震災の災害廃棄物処理に関する指針」
http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=9078

■■■ クリックお願いします↓↓↓ ■■■
人気ブログランキングへ
■■■ 一人でも多くの人に真実を↑↑ ■■■

カテゴリー: 放射性ガレキ, 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

「放射性ガレキ」について大阪府へ質問 2 への1件のコメント

  1. Delphinium より:

    指針でましたねー。
    指針出た後の住民説明会なんてものはないんですかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です