粉ミルクから、最大で30・8ベクレル/kgの放射性セシウムが検出

とうとう粉ミルクからも私から見ると高い数値の放射性セシウムが検出された。
国が定める暫定基準値は200ベクレル。
それでも明治は無償交換するという。

もう皆が心の中では分かっていること。
日本の基準はおかしい。
原発事故を放射能汚染を正面から向き合っていない。
子供達を助けようとしている基準ではない。

■粉ミルクからセシウム 明治ステップ 40万缶無償交換へ
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/06/kiji/K20111206002186670.html
 食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。
 厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。
 国が定める粉ミルクの暫定基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとの指摘があり、厚労省は近く新たに「乳児用食品」の基準値を設定する方針を決めている。
 明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。日付は缶の底に記されている。
 明治は国内の粉ミルク販売シェア約4割の最大手。

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です