<原発>作業員の被ばく低減を 保安院が労働環境対策強化へ

この問題はすごく重要だと思う。
作業員一人あたりの被ばく量はもちろん減らさないといけないのだが、下記の記事にあるように点検時間が長いからと問題にするのはどうかと思う。
原発は動かす以上は万が一にも事故が起こってはならない。
その為には点検は徹底的にやったほうがよい。
もちろん、そうなれば多くの人が作業による被ばくを受けてします。

だからこそ、私は核燃はやめた方がいいと思う。

原発を安全に動かそうとすれば、たくさんの作業員が被ばくするのである。
そこから目をそらしてはいけない。

yahoo(毎日新聞提供)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100204-00000008-mai-soci

原子力発電所1基当たりの作業員の被ばく総量(集団線量)が欧米に比べて高いとして、経済産業省原子力安全・保安院は3日、被ばくの低減対策の強化に乗り出す方針を固めた。労働環境や作業方法の改善を関係業界に求める。9日の総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会に、専門家でつくる小委員会を設置する。

 作業員1人当たりの被ばく量(個人線量)は各原発とも法令の制限値を下回っているが、原発1基当たりの集団線量は規制がなく、横ばいが続いている。米国は90年代前半まで日本を上回っていたが、その後改善した。日本は仏やフィンランドの約3倍と高く、放射線防護についての国際会議で説明を求められる機会が増えている。

 保安院は、改善しない背景について、不祥事や地震で点検に伴う作業量が増加した▽点検に要する時間が長い--などがあるとみている。小委員会は原因分析や海外事例の検討、低減対策のあり方などを協議する。保安院は「被ばくは達成可能な限り低く抑えるべきだ、とする国際放射線防護委員会の勧告の精神に基づき、集団線量の低減を目指す」と説明する。【山田大輔】

人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

<原発>作業員の被ばく低減を 保安院が労働環境対策強化へ への1件のコメント

  1. すぎ より:

    日本は地震大国だから原発すぐ壊れる。
    点検、被曝の頻度が多いのは、当たり前。
    減らすには、原発やめるのが1番。

    ロボットには、細かい作業は無理だよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です