ふげん、放射性物質樹皮漏れて作業員にかかる

ちょっと考えられない事故ですよ。

産経新聞NEWS
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000605-san-soci

日本原子力研究開発機構は5日、廃炉作業中の新型転換炉「ふげん」(福井県敦賀市)で、放射性物質を含む樹脂が漏れ、作業員2人にかかる事故が3日にあったと発表した。作業員に被曝(ひばく)は認められず、外部への漏れはなかった。環境に影響はないという。
 原子力機構によると、3日午前11時ごろ、原子炉建屋地下2階で、重水循環ポンプ用熱交換器内側の付着物を溶かし取る除染液から放射性物質を吸着させている樹脂約8・2リットルが樹脂塔から噴き出した。樹脂交換用の管のキャップが外れたという。
 この事故で作業中の作業員2人の顔に樹脂がかかったが、内部被曝はなかったとしている。
 放射能量は国へ報告する基準の約50倍だったが、拡大防止のため設けている囲いの内側にとどまったという。

最後に書いてあるのが怖いよ。
作業員2人の顔に樹皮がかかってます。
内部被ばくはないとありますが、外部被ばくは?

作業員にちゃんと危険性の説明してるの?
ちょっと信じられません。

人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です