報告 龍谷大学で講演

午前中は茨木市のママさんたちとの座談会に参加し、
午後は京都府にある「龍谷大学」のあるゼミで話をさせて頂きました。
原発に対してどのような立場なのか分からない人たちの前で話をするのは
とても緊張しますが有意義な時間になりました。

ゼミでの話ということで、10名くらいかと思っていると40名程の生徒さんが集まっていました。
原発に対して賛成でもなく、反対でない生徒さんもいたと思います。
僕のような一般人の話を聞きたくなかった人もいると思います。
それでも同じ空間で顔を見て話ができ、よかったと思っています。

いつも言ってることですが、
僕はどんなことでも真実を伝えることが大切と思っています。
だから、原発や核燃のマスコミには出てこない部分を
若い人たちに聞いてもらえたことは嬉しく思います。

みんな、希望にあふれた顔をしていました。
青春まっさかりとでも言う表現は古いかな。笑

福島原発事故が起きてしまったことで、
若い世代にたくさんの負の遺産を残していくことになります。

僕達の世代でどこまで責任をとれるのか。
仕組みを作れるのか、きちんとした基準を作れるのか。

真剣に考えていかなければなりません。

カテゴリー: イベント・レポート     パーマリンク

報告 龍谷大学で講演 への2件のコメント

  1. ねっここびと より:

    学生さんの前でのお話、お疲れ様でした。
    今を生きる若者にとって、今回のお話の反応はどんな感じでしたか?
    TVや新聞で伝えられていない事もお話されて、学生さんはどう感じられたのか
    興味があります。
    私は、若い親子と接することはありますが、学生さんとの接点はあまりないので
    気になりました。
    この学生さんが、何かを感じまたお友達の中で真実が広がっていくことに期待します。

  2. hokuto より:

    どう感じてくれたんでしょうね?私もよく分かっていません。
    反応はイロイロでしたが、学生さんの前で話すことで私が成長したような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です