11月12日■吹田■ 六ヶ所村ラプソディー上映会 & 感想を述べる会

さて、12日は阪大病院で「六ヶ所村ラプソディー」上映会&感想を述べる会 を開催します。
どうか、宣伝・拡散お願いいたします。
以下 転載・転送歓迎。ブログなどでも紹介してください。

私は本当の意味で東北支援をするならば、核燃サイクルを止めなければならないと思っています。
福島原発事故でどれだけの人が苦しみ続け、更には復興の妨げをしているか。

そして、再処理工場が本格稼働すれば、
今必死に頑張っている被災地へ今度は北から放射能が流れてくることになります。

STOP再処理、脱原発で動いてきた東北の仲間が、
復興だけでも大変な時に、それでも脱原発を現地から発信してくれています。

関西から脱原発・STOP再処理の声を大きくあげたいと思っています。

原発事故が起こる何年も前に、私をはじめ多くの人達の心を動かし、
核燃の真実を知らせ、考えるきっかえを作り出したドキュメンタリー映画。

「六ヶ所村ラプソディ―」を一人でも多くの人に見てもらいたい。
今だから見てもらいたい。

●日時 
2011年 11月12日(土)
 第一部 開場13:30 上映14:00 感想を述べる会16:10 
 第二部 開場17:30 上映18:00 感想を述べる会20:10
●会場 
大阪大学銀杏会館 会議室B(3階)
http://www.office.med.osaka-u.ac.jp/icho/icho-jp.html
●参加費 
前売り500円 当日一般1000円(学生800円)
●連絡先・予約申込 
武藤北斗 090-1103-1672 chikyuutotomoni(at)yahoo.co.jp
●主催 
大阪大学附属病院看護師労働組合
NPO地球とともに
福島原発からの放射能放出をやめてほしいと願う大阪大学附属病院看護師の会

カテゴリー: ▽▽ 関連イベント   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です