プルサーマルの必要性を論じるには

2月5日の「石巻かほく」にちょっと気になる事が書いてあった。

女川町議会の原発対策特別委員会が安全性について専門家から説明を受けたらしい。
■安全性検討会議の座長である長谷川雅幸氏(東北大名誉教授)
■経済産業省の中島上席安全審査官
まあ、簡単に言えばバリバリの推進も人ですね。

そこで町議さんが「プルサーマル計画の安全性を議論したが、必要性を協議していない」と指摘した。

すると、長谷川雅幸座長はこんなふうに説明したらしい。
「必要性を論じる場合、原発に代わる代替エネルギーを新たに検討する必要がある」

は?別に代替案は論じてもいいけどさ、それとは別の問題でしょ。
プルサーマルが必要かどうかは、代替案がどうとかそういう問題じゃないでしょ。

必要性を話したくないから、もう無茶苦茶だね。

人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 女川原発   パーマリンク

プルサーマルの必要性を論じるには への2件のコメント

  1. まつもと より:

    なぜプルサーマルが不必要なのか教えてください。代替案も教えてください。

  2. hokuto より:

    まつもとさん
    危険性が高まる、使用済みMOX燃料の処分方法すら決まっていない、プルサーマルをやるには再処理工場を動かさないといけないので、そうなると放射能を海と空に捨てる、高レベル放射性廃棄物の処分場も決まっていない、などなどです。
    プルサーマルは電力が足りないから始めるものではないので、特に代替えはいらないと考えています。
    まあ、無理に考えるなら、プルサーマルに使うお金を自然エネルギーの研究などに使って技術を上げれば、たくさんのエネルギーが出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です