核燃サイクル 再処理コストは埋設の2倍

あれ?
再処理した方が安いとか言ってなかったけ?

とにかくもう原発の使用済み核燃料を再処理するなんていう計画はやまてくれ。
コストが2倍もかかって、更に放射能を通常の運転で海と空にすてるんだよ。

原発やめて、再処理工場もやめて、自然エネルギーに切り替えようよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■デイリー東北 核燃サイクル 再処理コストは埋設の2倍
国の原子力委員会が設置した原子力発電・核燃料サイクル技術等検討小委員会(鈴木達治郎座長)は25日、使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し利用する核燃料サイクルのコストを試算した。再処理に掛かる費用は、直接処分(埋設)する場合に比べて約2倍に上ることが判明。結果は、エネルギーの方向性を決める国のエネルギー・環境会議や新原子力政策大綱の策定会議に報告する予定で、両組織が今後、サイクル事業の妥当性を判断する。
 試算は、使用済み核燃料を▽約10年間のサイクルで再処理し、繰り返し使用した場合▽再処理せずに約60年間、中間貯蔵した後、地中に埋めるなど直接処分した場合▽再処理と直接処分を半々にした場合―の3パターンに分けて実施。
 再処理や中間貯蔵に掛かる費用だけでなく、ウラン資源高騰や円高など近年の経済情勢なども加味して計算した結果、再処理コストは1キロワット時当たり1・98円となり、直接処分の1円の約2倍となった。
 再処理と直接処分を半々にした場合は、ほぼ中間の1・39円となり、直接処分の比率が高いほど、コストが低くなることも分かった。

続きはこちら

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です