モンゴルの皆さん、ごめんなさい。そして、ありがとう。

モンゴルの皆さんに謝罪と感謝の気持ちでいっぱいです。
日本は原発でできたエネルギーは自分達が使い、
放射能のゴミをモンゴルに押しつけようとしていた。
なんて恥知らずの国なんだろう。

そして、脱原発を目指すと言いながら、海外に原発を売り込む日本。
本当に恥ずかしいし、なんとかとめないといけない。

様々な誘惑や圧力がモンゴルにはかけられていただろう。
しかし、モンゴル政府は見事に国を守り、人間としての誇りを守ったと思う。

モンゴルの皆さん
ごめんなさい、そして本当の勇気を見せてもらいました。ありがとう。

*東芝の案なんですね・・・

●モンゴル、日米の核廃棄物引き取りに拒否の姿勢表明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110728-00000009-xinhua-int
【新華社特電】
 日本の松本剛明外務大臣は27日の衆議院外務委員会で、日本がモンゴルに使用済み燃料と核廃棄物の保存施設を建設して海外の使用済み燃料と核廃棄物を搬入するという構想について、モンゴル政府が実現不可能だと日本政府に伝えてきたと表明した。
先週インドネシアのバリ島でアセアン地域フォーラムに参加した際、モンゴルのチャンダサタル外相との会談で、同外相が述べたという。チャンダサタル外相は「国内の法律的制限」と「環境汚染の面での懸念」をその理由に挙げたとされる。
今月中旬、日本のメディアは、日本、米国、モンゴル政府がモンゴルに使用済み燃料と核廃棄物の保存施設を建設して海外の使用済み燃料と核廃棄物を搬入するといった構想について、非公式に検討していると伝えた。モンゴルが同意すれば、核燃料の供給と使用済み燃料の処理を同時に担う世界初の国になる。
報道によると、この構想は最初は東芝が提案し、米政府高官に遊説。その後、日本政府と米政府が話し合い、新しい核燃料の生産、輸出、消費、処理の国際的枠組を構築しようとしていた。
松本大臣は、「ほかの国の核廃棄物を受け入れることはどの国にとっても簡単なことではない」と述べた。
(翻訳 崔蓮花/編集翻訳 松尾亜美)

カテゴリー: 核燃の気になるNEWS    パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です