プルサーマル安全審査のポイント

さて、先日の経済産業省の説明会での質疑応答。

安全審査の基準がいくつかあります。
その中の一つに「事故時の影響」というものがあります。

国は考えられる一番大きなケースを想定したそうです。
その一番大きな事故でも「発電所周辺に放射線による著しい影響がない」というのです。
(主蒸気管が破断するというものらしい。)

しかし、僕が思うにこれは一番大きな事故ではないでしょ?
もっと大きな事故が起こる可能性はあるでしょ?

石巻市が主催した「市民勉強会」では
講師の方がチェルノブイリと同じ規模の事故が起こる可能性はあると言っていました。
事故の種類は違うが、規模が同じものは可能性としてはあると。

それなのに、国の安全審査では一番大きな事故でも周辺に放射能の影響もないだって・・・

こんなんじゃ、誰も納得しないよ。
いや、怖くなる。ますます信じられなくなる。

質疑応答では殆どの人が反対の意思や不安な声を口にした。
これが地元の声です。

人気ブログランキングへ一票
人気ブログランキングへ

カテゴリー: 女川原発   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です